初心者向け~体幹トレーニンググッズサイト特集


top > 体幹トレーニンググッズについて > 体幹トレーニンググッズはバランスボール系

体幹トレーニンググッズはバランスボール系

 人が取る姿勢として、寝る、立つ、そして座るがあります。座るときは床に座ることもありますが椅子に座ることが多いかもしれません。通常の椅子は、グラグラしません。4本の脚があるものや、床との接地面が広いタイプです。ですから体のバランスを考えなくても椅子から落ちることはありません。では、体幹トレーニンググッズの一つであるバランスボールの上に座ったらどうなるかです。海などで使うビーチボールを大きくしたようなボールで、中に空気を入れます。そして上にお尻を乗せます。普通の椅子のように固定されていませんから、ゆらゆら揺れています。足でしっかり踏ん張って、さらに上半身などでうまくバランスを取らないと徐々に揺れが大きくなります。下手をするとそのまま転げ落ちてしまう人もいます。最初は何かを持った方がいいでしょう。

 自宅で体幹トレーニングを行いたいのであれば、グッズが販売されている東京のショップを利用してみましょう。体幹トレーニング自体は比較的最近から始められたと言えるでしょう。それまでのトレーニングといえば、重りなどを使って見える筋肉を鍛えるものが多かったですが、体幹トレーニングは体の中心部にある筋肉を鍛えようとします。腹筋や骨盤などにある筋肉で、これらを鍛えることで体のバランスが良くなります。姿勢も良くなり、腰痛や肩こりなどが消える場合もあるようです。逆にそれらの筋肉が十分ないと、バランスを崩しやすくなって苔安くなります。若い人なら問題ありませんが、高齢の人だと骨折の原因になることもあります。気が付いたときから少しずつトレーニングをしておけば、高齢になっても姿勢を保つことができます。

 バランスボールといえば、通常は直径80センチぐらいの大きなボールになります。日常的にも椅子のようにして使うことができます。同じようなタイプがいくつかあり、もう少し小さいタイプもあります。そちらは座るのではなく、背中などに当てて使います。横になり床と背中の中にボールを入れます。するとゆらゆら揺れるので、ボールから落ちないように踏ん張ります。その時に体幹が鍛えられます。さらには、床においてその上に立つことで鍛えられるグッズがあります。ボール状ではなく円盤状になっていて、同じように空気を入れます。その上に立つと、最初は立っていられないぐらいグラグラします。でもしばらくするとバランスがとれるようになります。一つの上に乗る方法もありますし、二つを使ってそれぞれの上に乗る方法もあります。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ