初心者向け~体幹トレーニンググッズサイト特集


top > 体幹トレーニンググッズについて > 体幹トレーニンググッズとして腹筋を鍛える

体幹トレーニンググッズとして腹筋を鍛える

 体の中心にある筋肉としては、腹筋が良く知られています。おなかの辺りにあり、鍛えられている人はきれいに腹筋が割れています。腹筋が割れていると見た目に格好いいですが、見た目だけでなくいろいろなメリットがあります。いろいろな動作をするとき、それぞれの筋肉を使いますが、その時についでに使うことが多いのが腹筋です。立ち上がるときは足の筋肉を使いますが、この時に腹筋を使います。歩くときにも腹筋を使います。これによって姿勢を正して歩くことができます。腹筋運動は体幹トレーニングにもなるので、定期的に行うと良いかもしれません。体幹トレーニンググッズを販売しているショップが東京にありますが、腹筋が鍛えられるものがいくつかあります。自分に合ったものを使うと良いでしょう。難易度によって異なります。

 一般的に腹筋運動といえば、仰向けに寝て起き上がる運動が知られています。確かに腹筋を使いますが、ある程度の回数ができる人はそれ以上鍛えるのが難しくなります。筋肉は負荷をかけることで鍛えられますが、回数ができる人はほとんど力を入れなくても起き上がれるからです。一方、あまり腹筋がない人は腹筋運動そのものができません。そこで、普通の腹筋運動ができない人は、それを補助するグッズを利用しましょう足に引っかけてそれを手に持ち、起き上がるときの補助に使います。その他背中に当てて起き上がる補助にするものもあります。普通の腹筋運動ができない人も、これらのアイテムを使うと少しずつできるようになります。これらのグッズは調整ができるので、弱くしていけば自分の力を使うようになります。鍛えやすくなります。

 上級者が使うと良いとされるのが腹筋ローラーと呼ばれるグッズです。真ん中にタイヤがあり、タイヤの中心から横に取っ手が伸びています。その取っ手を持ってどんどんタイヤを前に転がします。そしてそれを手前に戻します。慣れていないときは膝をついて行いますが、慣れて来たらつま先だけで体を支えてローラーを前後に動かすようにします。腕に力が入っているようですが、この時には非常に強い力が腹筋に入ります。普通の腹筋運動を一定回数できる人でも、この運動はそれほどできないでしょう。最初は数回から5回を目標に行うと良いでしょう。階数ができるようになったら、膝を浮かせるようにして負荷を高くします。さらにできるようになれば、片手で行うなどでより負荷を強くできます。前後しっかり動かせる時には、かなり体幹が鍛えられています。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ